スポンサーリンク

Missデビル人事の悪魔椿眞子1話感想。日下部ざまあw俳優は誰?

人事の悪魔1話見ました。日下部がめっちゃ腹が立つんだけどいったい誰?と思う方が多いと思います。日下部役を演じた俳優さんは森永悠希さんといって、映画ちはやふるで駒野勉(あだ名は机くん)を演じた俳優さんです。

私はちはやふるが大好きで映画の全作品を見ましたが、机くんはとてもやさしい高校生で、見た目も原作漫画の机くんにとても似ていて好感を抱いていました。その役を演じた森永さんが、今回のドラマで性格の悪い人物を演じとても辛かったです。

ですが、ドラマをずっと見ていて『一番要らないのは日下部で早く辞めさせるべき!』と思っていたので、乗せられた感はあるものの、最後の投票の時に菜々緒さんが日下部を切ったのを見て爽快感がありました。

現実世界で日下部のような人は今まで見たこともないし居ないと思うけど面白かったです。

退職願は日本の問題

それと、退職願を最初に書かせたことは、今の世の中に対するメッセージのように感じました。ブラック企業とかブラックバイトとか、会社のブラックさを訴える人が多いですけど、嫌ならやめればいいんですよね。

南雲が飛び降り自殺を図りましたけど、なぜ退職願を出して会社を辞めないの?と疑問に感じました。せっかく最初に書いたのに全く意味がないじゃないと思いました。

南雲の自殺未遂で2015年の某広告代理店で起きた事件を思い出しましたけど、今の日本の問題は、あまりにも会社に依存しすぎているということ。自分一人では何もできず親に面倒を見てもらっている子供のように映ります。

会社でいじめられてそこから逃げ出したい。逃げて良いじゃない。逃げるのは別に恥じゃないし嫌なら逃げるのが一番いい。でも、なぜ死ぬことを選ぶのか。会社が嫌ならやめればいい。

これは何も会社だけではなくって、結婚をして旦那との関係が悪化しているのに離婚を決断できない女性にも同じことがいえると思う。

結婚生活がうまくいかなくて旦那からDVとかモラハラで毎日を過ごすのがつらい。だったら逃げたらいいじゃない。離婚をすればいいじゃない。

なぜ会社に居続けようとする?なぜ結婚生活を続けようとする?この問題を突き詰めると『お金』にたどり着くけれど、結局は会社に依存している自分や旦那に依存している自分に問題があるとなぜ気づかない。

会社を辞めても能力があれば他の企業は自分が持つ能力にお金を支払うでしょう。離婚をしても女性としての魅力があれば他の男性は自分がもつ魅力に惹かれ結婚してほしいと言うでしょう。なのになぜ今の会社や夫にすがる?なぜ自殺を図ろうとする?

自分を信じていれば今の会社や夫にすがる必要なんてないし、自殺なんてする必要はない。能力がないなら勉強すればいい。魅力がないなら女を磨けばいい。自分が変われば環境は変化する。

椿眞子が新入社員全員に書かせた退職願を見て、今の生活に不満を持つ人は辞めると言える準備をした方が良いと思った。

椿眞子は、Missデビルとささやかれているけれど、本当に悪魔なのかな?私には本来あるべき場所に人を導く人事の神様のように見えたのです。

スポンサーリンク

コメント

  1. heel より:

    こんばんは。春の嵐の週末でしたね。

    「Missデビル」私も見ましたよ。凄~く後味の悪いドラマで、多分もう見ないと思います。
    ドラマの内容から、電通のまつりさんの事件についての記述があったので、少し私の考えを書かせて頂きますね。

    まつりさんは、ひとり親家庭で育ち、物凄く優秀な人材でしたが、過重労働でうつ病と診断されていました。
    このケースで悲劇を避けるためには、まず主治医が診断書を書き、仕事を休ませなくてはならない。彼女の場合は緊急措置入院のケースだったはず。
    何故なら、うつ病患者さんは、もう正しい判断が出来なくなっているからです。
    これだけ過重労働からうつになる人が社会問題になっているのに、そこで正しい診断が出来る精神科医が少ないのは日本社会(ひいては政府)の危機管理の甘さです。
    まつりさんは亡くならずに済んだのです。

    反面、現在の新卒入社3年後の離職率は大変なことになっている。ほぼ3人に1人が3年以内に辞めているのです。
    つまり、辞めたい人は辞めている。まつりさんのように真面目な人ほどメンタルを病むまで頑張ってしまうのです。

    あのドラマで飛び降りてしまった子も、恐らくメンタルを病んでいたのでしょう。あれだけのストレスに晒されたら、繊細な人は簡単にうつになってしまうでしょう。

    ブラック企業の影には、様々な問題が潜んでいます。あのドラマも、そういう所に切り込んでいく社会派ドラマなら見たいな、と思えるのですがね。

    • naoko より:

      heelさま

      こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

      heelさんのコメントを読んで今回もまた私の無知に気づきました。新卒入社した社員の、その後3年での離職率が30%を上回るという状況を全く知りませんでした。まさかこんなにも辞めているとは思ってませんでした。

      自殺についてですが、私は最終的に自分の意思によってその行為を選んで実行しているので、うつ病であってもなかっても自身に原因があるという考えは変わらないです。

      それと、高橋まつりさんが自殺を選んでしまった最大の原因は親の育て方にあるのでは?と私は思ってるのです。いい学校に入っていい会社に入っていい暮らしをするのが幸せと教えられてきたような気がします。

      もちろん、いい学校に入っていい会社に入ることは自分の生活水準を引き上げてくれる材料になることは間違いありません。水準の高い場所で出会った男性と結婚をすれば良い暮らしをさせてもらえる可能性が非常に高いですから。

      しかし、誰もがうらやむ学歴を持つのになぜ会社を辞めるという簡単な選択肢を見つけられなかったのか?という事が疑問に感じます。

      これは鬱になるまで仕事をしたから会社の責任だとか、国の責任だとかという問題ではないと私は思うのです。親が子供を育てるときに答えは一つしかないという育て方をしてきたから、苦しくても他に選択肢の持ちようがなかったと考えられるのです。

      子供は生まれながらに無限の可能性を秘めていますが、親が子供に『いい学校に入っていい会社に入りなさい』と教えると、子供はそれ以外の道は間違っていると思い込みます。

      勉強を頑張っていい大学に入って就活を頑張っていい会社に入ったのに待っていたのは幸せでも何でもなかった。でもこれは親から教えてもらった正しい道を歩いてきたはずなのにどうして?と彼女の心の中で矛盾が生じて行き場を失ったのだと思うのです。

      その結果、自殺を図った。

      私は、生き方は無限にあっていいと思ってます。しかし、彼女の母親はいい学校いい会社それが幸せに導いてくれる条件と信じ切っていたのでそういう教育方針を貫いてきたのでしょう。その教育方針が彼女の将来の選択肢を奪い去ったのです。

      人事の悪魔で退職願を最初に書かせたのは『人生の選択権は自分にあるんだよ』という事を自覚させるためだと私は思いました。

      しかし、親の教育によって選択肢を奪われている子供は、人生の選択権を与えられても今歩いている一本道しか存在しておらず、その道がいばらの道で地獄の苦しみを味わう道であったなら自殺を選ぶほかないのではないでしょうか。

      高橋まつりさんにしても、ドラマ内で飛び降りをした南雲にしても、未来につながる道は無限にあるのに一つの道しかないと思い込んで育った環境こそが自殺を選んだ本当の原因だと私は思っています。

      • heel より:

        う~ん、なおこさんのお考えは正論ですが、「健常者から見た持論」だと思います。
        私は2010年に半年の間に両親を亡くしたことで、うつ病になりました。
        なので、精神を病む(うつ病は脳の病気であり、よく言われる「心の風邪」というような表現は間違いです)とはどういうことかが解るので、まつりさんの事に関しては、ずっと心に引っ掛かっていたのです。
        まつりさんは恐らく、苦労させたお母さんに楽をさせてあげたいと思う余り、選択肢を自ら狭めていたかも知れません。
        しかしそれと病気になったことは関係ないはずなんです。
        例えば他の病気、癌とか脳出血などを罹患した人に、あなたに問題があったからだと言う人がいるでしょうか?
        うつ病にかかると多くの場合、「希死念慮」という「症状」が出ます。私にもありました。
        うつ病が死に直結する深刻な病気であると言うことが、健常者に理解して貰うことが非常に難しいのが現状です。
        私が残念に思うのは、家族であるまつりさんのお母さんが異常にいち早く気付き、入院設備のある病院に同行し、娘さんの病気の深刻さに理解があれば、という点ですね。
        まつりさんも、入院して治療を受け、病状が少し良くなれば、これからの人生をリセットすることも考える余裕が出てきたはずなんです。
        それほど、うつ病は怖い病気です。自分の本質を見失ってしまうのです。ですから「ひとつの道しかないと思い込んだ」とすればそれもうつの症状です。

        私は、幸い家族の理解と支えがあって、8年たった今は、完全寛解までは望みませんがお薬もほんの少しになり、ほぼ普通の生活をしております。
        でも、10年、20年苦しんでいる方もいらっしゃいます。

        うつ病で命を絶つ人は年々増加傾向です。これを防ぐには、とにかく早く治療を受けることなのです。
        まつりさんの悲劇を繰り返さないために、うつ病のことをもっと知って貰いたい。
        私がもう少し体力が戻ったら、何かそういう活動のお手伝いがしたいと考えています。

        • naoko より:

          heelさま

          大変貴重な体験をお話ししてくださり本当にありがとうございます。

          希死念慮という症状について、初めて知った言葉です。heelさんと会話をすると何から何まで初めて知る言葉がたくさん出てきます。大変な苦労をなさったようですがご家族の支えがあったことは本当に良かったです。

          高橋まつりさんのことで私のコメントを読み返すと『自身に原因がある』と書いてしまってますね。heelさんのことを知らなかったとはいえ思いやりのない言葉をかけてしまいました。

          ですが、私は今こうしてheelさんと会話ができていることは、heelさんが今も頑張ってることと、家族の支えがあったからこそだと思っています。そして、まつりさんも同じように家族の支えがあったなら死に至ることはなかったと思います。

          まつりさんもすごく頑張ってたと思いますけど彼女の母は支えてあげなかったのでしょうね。それで耐えられなくなって枝が折れるように他界してしまったのでしょう。

          heelさんがそうした人たちの心をサポートしてあげられるようになればうつ病から命を助けてあげられるようになるでしょうし、素敵な活動だと私は思います。

          信じてもらえないかもしれませんが、消えたいとか、生きるのがしんどいと思ったことが私はあります。家族からうつ病じゃないか?と尋ねられたこともありましたけど、私はまだ死にたくないです。

          もうずっと前なのですが『死にたい』と思ったことがありました。その夜だったかどうかまでは覚えてませんが、夢の中で枕元に鎌を持ったからくり人形が現れました。

          夢の中でしたけどこの人形を受容れたら間違いなく私は死ぬと直感しました。私は夢の中で恐怖に震え逃げ出そうとしました。

          私はうなり声を出していたらしく家族に起こされたことで目を覚ましたのですが、その出来事が起きてからは、死にたいとか、いつ死んでもいいとか思わないようになりました。

          もしあの夜、私がこの世に未練がなく死ぬことを受容れていたら多分うなされることもなく息を引き取っていたような気がするのです。そう思うと生きててよかったと思うのです。

          今も生きることが本当にしんどいと思う事はありますが、あのことがあってからはとにかく頑張ることを心がけてます。まだ生きたいです!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.