スポンサーリンク

木村拓哉 昔のドラマ

あすなろ白書

恋をしたことがなくて、

恋愛に関する漫画を

読み漁っていた時に出会ったのが、

あすなろ白書だった。

内容はうっすらとしか

覚えていないんだけど、

その後テレビドラマで

放送されることとなり、

毎週が楽しみで夢中になって

ドラマをみていた。

この時のキャストは

今振り返ってみると

相当な豪華キャストで、

主人公のなるみを演じたのは石田ひかり。

恋人役の掛居保を演じたのは筒井道隆。

掛居保の親友であり、恋のライバル役の

取手治こそが木村拓哉だった。

キャストの豪華ぶりはこれに止まらない。

掛居保に密かな想いを寄せていた

東山星香を演じたのは、

後にCMの女王の異名を取る鈴木杏樹。

更には、同性愛者で

なるみと掛居の関係に嫉妬していた

松岡純一郎を演じた西島秀俊だ。

西島といえば、後に日本映画

プロフェッショナル大賞主演男優賞や

高崎映画祭 最優秀主演男優賞を

受賞している本格派俳優だ。

このような、今思うと異常なほどの

キャストに恵まれた作品であるのに、

私が記憶しているシーンはドラマとは

全く関係のない別の場所での

できごとだった。

それは、笑っていいとも!の

テレフォンショッキングでの事だった。

木村拓哉が筒井道隆と話をしてる時

『掛居!』

と、木村拓哉があすなろ白書での

名前で筒井道隆を呼び、

明日のテレフォンショッキングに

出るように促したのです。

あすなろ白書が好きでコミックと

ドラマをみていた私としては、

ものすごく感動して

『この二人ってなんかいいなぁ』

って、思った事を今も覚えています。

ドラマ内容は

ほんと覚えていないんだけど、

もし、木村拓哉の昔のドラマを

探しているなら、

あすなろ白書はまず最初に観る事を

オススメしたい作品です!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.