スポンサーリンク

正義のセ第1話感想。吉高由里子と彼氏が別れて安田顕とくっつくよね

凜々子と相原勉がくっつきそうな気がしますよね!?

キャストが最後に流れますけど、吉高由里子さんの次に名前が出てくるのが安田顕さん。そして、吉高由里子さんは29歳で安田顕さんが44歳。なんて言いますか・・・。ほら?わかるでしょ?

男に夢を持たせるドラマ(笑)。

そういう匂いがしませんか?だって、ドラマの中で吉高由里子さんは彼氏がいることになってるけど、その彼氏は『明日会えない?』って言いだしておきながらドタキャンするし、ロンドン出張が決まるしで、どう考えてもお別れパターンでしょ?

別れと同時進行で、凜々子が持ち前の正義感で次々と不起訴となるような事件を起訴状を取り付ける活躍を繰り返し、相原勉の失われた正義感を呼び覚まされていくうちに恋心に変化するようになると思う。

第1話で恩田を起訴するために徹底的に聞き込み調査をして、パワハラ上司を傷害罪で起訴することができました。最後に事務官同士でしゃべってる時に『でも相原さんなんか生き生きしてません?』と言われてましたよね。

本人は否定しましたけど、この心境の変化こそが正義感を取り戻す最初のエピソードになるんだと思う。

ドラマの中で、タクシーのドライブレコーダーに恩田の嘘を証明する姿が映されていました。この決定的証拠を見つけ出したとき、相原勉は間違いなく『よっしゃ!』って思ったはず。

相原勉は何年もこの仕事を続けることで正義感がいかに馬鹿げた感情かを見続けてきたし、それは無駄なものだと自分に言い聞かせて正義感という感情を自分自身の手で殺してしまったんだと思う。

だから、正義感を燃やす凜々子を見ることで自分を否定されているような感情になってしまい、冷ややかな態度や進言を繰り返したと考えられます。

でも、凜々子の正義に対する執念が、氷のように冷たく凍えていた心を解かし始めた。心が解けるのが早すぎるのは1クール内で二人が恋人同士になるまで描くには期間が短すぎるからと考えられます。これはベタだけど仕方ない。

このように物語が繰り返されるうちに徐々に相原勉は凜々子の正義感に感化されて恋心に変化していくのだと思う。

そこで気になったのが、相原勉を演じる安田顕さんが44歳という年齢です。40代男性の未婚率を調べてみたのですが、平成27年時点で40~44歳の未婚率が29%で、45~49歳25%でした。

40代男性の未婚率は27%になるのかな?この数字を見るとやっぱり未婚男性に夢を持たせるドラマのような気がしてならないのです。

ネットの反応では、安っぽいHEROを見せられてる気がするとか、HEROの主人公を女にした劣化版と評価はかなり低いけれど、これは女性の意見だから仕方がない。

でも、男性が観る分には夢を感じるドラマで面白く感じるのかもしれません。というか、1話を見た瞬間から男性向けドラマだと感じましたから、女性の方々は、ツンデレな三浦翔平くんを愛でて行くのがこのドラマの楽しみ方かと思います。

多分だけど、吉高由里子さんが演じる凜々子と安田顕さんが演じる相原勉が最後にくっつくドラマになると思います。多分!

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.