スポンサーリンク

羽生結弦2017年CM出演料は?ギャラランキングトップ10に入る


2017年全日本フィギュアスケート選手権に羽生結弦選手が欠場という事で残念な思いをされた方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、彼が2017年に出演したCMのギャラも気になりませんか?

12月19日発売の女性自身で羽生結弦選手の特集記事がありましてそれを読んだ後にパラパラと読んでいるとギャラランキングなるものが掲載されていたんですよ!

気になる羽生結弦くんのCM年契約の出演料はなんと1億円!1クール(3か月契約)だと6500万円という凄い契約額です!ランキングは単独7位!

出演したCMといえば『お母さん、ありがとう!』で有名なP&GのあのCM!日頃から家族のために頑張る立場としてこの言葉は心に沁みますよね~。我が子のように応援したくなっちゃいます(笑)。

羽生結弦選手は既に4回転ルッツまでを成功させていて次は4回転アクセルか?と思ってた矢先の着氷事故で靱帯損傷というけがをしてしまい、全日本選手権に出場ができなくなりましましたが、彼が思い描く未来において怪我をする必要があったのではないかなと、私はそう考えているのです。

今回の怪我は未来に必要な経験である

彼は今までに何度も試練の壁を乗り越えてきました。小学生の頃、当時通っていたスケートリンクが経営難で閉鎖。そして2011年には東日本大震災で地元で練習が不可能になってしまう。彼はこの震災でスケートを諦めることを考えたことがあります。

このような壁を必死で乗り越えてきたからこそ精神的な強さを身に着けスケーターとしてその実力をいかんなく発揮しているのです。そして彼はトップスケーターでありカリスマ性も高いことからスケート界を変えるプロデューサーとしての役割を期待されているのです。

プロデューサーという事は今後の若手や次世代さらにその下の世代の育成を担う事となる。このようなビジョンが羽生結弦選手には既に存在しているからこそ、天は彼に靱帯損傷という試練の壁を与えたのだ。

この怪我をしたことで羽生結弦は大怪我の経験を刻み込むことができる。そして将来、指導者としての立場になった際、過去の経験が育成する選手のために活かされる時が来るはずです。怪我をしたことがあるからこそ怪我をした選手の気持ちに寄添うサポートが可能となるわけです。

このような理由があるため、羽生結弦選手は怪我をしたのです。彼は必ずこの怪我を克服し試練の壁を這い上がってアイスリンクに戻ってくるでしょう。なぜなら、羽ばたくように生きるその姿こそが羽生結弦に課せられた使命だから。

icon-home 女性自身年間定期購読申込み

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメ

羽生結弦選手の怪我の状態がどうなのかわからないので、平昌オリンピックに間に合うように、神戸市東灘区にある弓弦羽神社に行って健康祈願をしてきま...
つい最近、かっぱえびせんの『やめられないとまらない』のコピーは日高欽治さんが作ったものだとヤフーニュースで知り、12月14日発売の週刊新...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.