スポンサーリンク

貴乃花親方を陥れるために貴公俊の付け人を相撲協会が買収していた説

貴乃花部屋から暴行問題が発覚しました。私はどう考えてもこの時期にこうした問題が出てくることに疑問を感じました。

ひょっとして、貴公俊を相撲協会が買収して貴乃花親方が不利になるような問題を起こすようにと取り入っていたのではないかと考えたのです。

他人を潰す際、直接自分の手で下すと批判の的になりますから、貴乃花部屋に所属する力士を買収し内部崩壊を仕組んだとしたら・・・?世間の目は『ブーメランだな!』と言った意見が出てくるのは当たり前。

私以外にも同じような考えを持ってる人は居ないのかな?とネット検索してみるとやっぱりいました。ヤフー知恵袋でその内容を見てみると、貴公俊ではなく貴公俊の付け人を買収してたんじゃないか?という話が出てました。

なるほど・・・と思いました。相撲協会にとっては貴乃花親方の存在は本当に邪魔でしかなく、どうにかして闇に葬り去らねばならないという存在で、貴公俊を買収することは師弟関係が成り立ってるために困難な状況と考えられます。

しかし、付け人となればどうでしょうか?相撲協会側が、貴公俊がイラつくようなことをしないと相撲界から追放するぞ?と陰で恫喝されていたら・・・?その可能性は無きにしも非ずと私は考えるのです。

貴乃花親方にとってもっともあってはならないことは身内からの暴行事件。弟子たちもそのことは重々承知のはず。でもこうした問題が噴出してしまった。この事実は貴乃花親方が失脚する火種になりうるし、この問題が明るみに出て誰が得をするのか?

このように考えるとどう考えても相撲協会が得をするとしか思えないのです。あってはならないことが貴乃花部屋から問題噴出するタイミングがあまりにも出来すぎています。

この事実の裏には罠を張り巡らせた人間がいるのでは・・・?と訝しがる人が居ても当然でしょう。私もそのうちの一人ですからね。

世間は表面的な物事しか見ない人間が多く、事の真相を追求しようとする考え方を持った人は少ないと考えられますから、貴乃花親方の現状としては、かなり不利な状況に追い詰められたと言えるでしょう。

土俵際まで追い詰められた貴乃花親方の打棄りが出ることを期待しています!

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.