スポンサーリンク

アメフトで反則をした日大の選手は傷害罪で訴えられるんじゃないの?

関学と日大のアメフトの定期戦で激しいタックルが騒がれています。私は当初、ネットニュースに取り上げられてることは知ってましたがアメフトには興味もなかったので見てませんでした。

ところが、母との会話にアメフトで何かものすごい問題になってるよって出てきたので、母が言うくらいだからかなり凄いんだろうなと思って、騒ぎになってる動画を見たところあまりにもひどすぎました。

アメフトのルールは知らないのですが、パスを投げた選手がボールの行方を見終えて、2~3秒くらい過ぎてから猛烈なタックルを、選手の背後から仕掛ける行為はルールを知らない私でも酷いと思いました。

スポーツはルールに則ってプレイするものですよね?

この悪質なタックルをボクシングで例えたら『ゴングが鳴ってニュートラルコーナーに戻る選手を後ろから殴りにかかる』ような行為です。ルール無視上等で競技をしてたら死人が出てもおかしくないです。

背後から悪質なタックルをした選手はスポーツマンでも何でもなく傷害行為を平気する人ですよ。背後からタックルを受けた選手は足にしびれが残っているそうで、今後の人生は後遺症で悩まされるかもしれないのです。

こんなラフプレイを意図的にした日大の選手は、自分のプレイで他人の人生を奪う可能性について考えられなかったのでしょうか。

奪うものは奪われるという言葉があります。

テレビでもニュースに何度も取り上げられ、ネットでは悪質なタックルをした選手が相当叩かれており、悪質タックルした選手は自分のプレイが原因で自分の将来が奪われそうな苦境に陥っています。

当然と言えば当然なのですが、どうしてこんなことをしたのだろう・・・と残念な気持ちになってしまいます。アメフトってマイナーなスポーツなのにこんな形でたくさんの人に注目されるのはアメフトファンにとっては悲しいことでしょうね。

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメ

日大アメフト部の選手が試合中に反則をした問題ですが、アメフトは対戦相手がいるからこそ競技が可能であり、その対戦相手に対し敬意を持たず、他人の...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.