スポンサーリンク

サッカーの天皇杯とは?ルールを知らない私でも理解できた説明文

サッカーの天皇杯とは

プロ・アマチュア・大学チームが参加できるトーナメント大会。決勝戦は元日に行われる。2014年までは高校も参加資格がありました。2015年以降は、高校の出場はできなくなりました。

野球にはないルールですが、無理やり野球で例えると、夏の全国高校野球選手権大会にプロ・社会人・大学も参加するトーナメント大会。と表現すると分かりやすいと思います。

サッカーも野球もわからない場合ですと、大学生以上でプロ・アマチュアを問わず参加できる、トーナメント方式のNHKのど自慢大会と例えると、分かりやすいと思います!

あるいは、欽ちゃんの仮装大賞を、同条件で優勝を競うトーナメント大会。場合によっては、ダウンタウンとか、ビートたけしとかが出てきて、優勝をかっさらって空気読めよとツッコミたくなる大会もあったりなかったり(笑)。

と、こんな感じで、お祭り的で伝統と格式のある大会なのです。

天皇杯の見どころ

見どころとしましては、アマチュアや学生チームがプロを打ち破る下剋上の世界と思っています。

現在では、高校は参加不可なので見られ無いですけど、もしも高校生チームがJ1リーグのプロチームを打ち破ったとしたらすごく面白いと思いませんか?

プロチームとしては面目丸つぶれなので面白くは無いのですが、将来の日本サッカー界を思うと夢とか期待を持てますよね。実は、敗戦はしたものの、高校チームがJ1のプロチームをPK戦まで追い込んだ試合は過去にあるのです。

このような番狂わせは、天皇杯の日程が影響している部分があり、Jリーグの終盤の日程と重なっているために、天皇杯に戦力を割り振れない事が要因となっています。

こうした理由、要因があるとは言え、格下が格上を破る場面はサッカーの天皇杯だからこそ見ることができると言えるでしょう。

あらかじめ、このように見どころを知っているとより一層、楽しく天皇杯を観戦できると思います。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.