スポンサーリンク

50回目のファーストキスはなぜ日本版でリメイクしたの?理由は簡単

山田孝之さんと長澤まさみさんのW主演の映画50回目のファーストキスを観に行きました。この映画は2004年にアメリカで上映され2005年には日本でも上映されたそうです。

その作品をわざわざリメイクする理由がどこにあるのか?というわけですが、視力の悪い私にはこのリメイクの理由はよくわかります。どういうことかと言いますと、字幕が見えないのです。だから日本人俳優が演じる映画がありがたいのです。

何でリメイクするのか謎www

と、笑う人が居ますが、それは視力が良く字幕が読めるから不自由を感じないのでしょう。私は今年に入ってから映画を4本見ていますが、そのすべてが日本映画です。

なぜ日本映画なのかと言うと、俳優が日本人なら日本語を話すし、日本語だったら字幕を読まずに画面を集中してみることができるからです。

外国人が製作した映画は全て字幕なので、字幕になんて書いているかを読む必要がありますし、読んでいる間に場面は次々と移り変わっていきます。

字幕が見えていたとしても状況の変化についていくのがやっとなのに、視力が悪く字幕を読めないとなれば、映画を100%楽しめないのです。100%楽しめない物にお金を払うのはもったいないから行きたくないのです。

ですから、リメイクの理由が分からないと笑い飛ばす人は視力が良いからで、視力の悪い人が外国映画を観ているときに感じるストレスを知らないから笑って言えるのです。

視力の悪い私からしてみれば、こういうリメイクはとてもありがたいですし、面白い作品だったら、日本人俳優を使ったリメイク版を作成してほしいと思います。

こうした需要を知らずに笑い飛ばす人は世の中に潜む『不』の感情を知らない人で、『不』の感情を解消することでお金を得られることを知らない人なんだろうなと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. heel より:

    こんばんは。
    なおこさんは、吹き替えで見るのはお嫌いなんですか?
    私も映画には眼鏡必須ですが、字幕を読むことに集中すると画面全体が見られなくなるので、洋画はいつも吹き替え版を選んで見ます。
    私は声優オタクでもあるので、この声は誰、とか当てるのも楽しい笑

    ところで、「50回目のファーストキス」のストーリーというか話の肝である「記憶が1日しか持たない」というのを知って、すぐ「掟上今日子の備忘録」を連想したのはミーハーゆえですかね?

    今、見たいのは「ピーターラビット」(←ちょっと腹黒そうなのが気になる!)と、7月公開の「コードブルー」くらいかな。
    お供はいつも娘(特に山Pファンではない)ですが、たまに見たいものが一致しないと、シネコンまで一緒に行って、別々の上映室に「じゃ~ね~」と別れて入ることもあります。

    • naoko より:

      heelさま

      heelさん、こんにちは。吹き替え!その手がありました!上映されたらすぐに観に行きたい性格だったので吹き替えのことは全く頭になかったですが、見たい映画の吹き替え版が出たらそれを見るようにします!

      声優さんで好きな声といえば、なんでも鑑定団でお馴染みの銀河万丈さんが好きです(笑)。他にはルパン三世の山田康雄さんだとかですね!私はオタクまでは行きませんが、アニメも好きですよ。

      1日で記憶がなくなる作品は、今回の50回目のファーストキスで初めてみるので、掟上今日子の備忘録は知らないのですが、面白そうなドラマですよね。

      記憶が1日でなくなる生活を想像した時、不思議に思う事は、毎日日記を書いていたとしても、翌日には日記をなぜ書くのかの理由すら忘却しているわけですから1日の初めに予備知識を詰め込むだけでその日が終わりそうな気がします。

      それを探偵と言う職業でどんな風に問題解決をして行くのかが、とても気になりますし興味惹かれるドラマですよね。

      そうそう、ピーターラビットですが、映画館に行った時に、ピーターラビットの映画案内を見て、カワイイと思い見てみたいなぁと思いました。内容は分かりませんけどやっぱり気になりますよね(笑)。

      コードブルーは船が衝突してっていう救命士の映画ですよね。あれなんか予告編を見るだけでハラハラドキドキしましたから、もし私が観に行ったとしたら最後までしっかり見れるかなぁ?と心配してしまいます(笑)。

      それにしても、娘さんと一緒に映画館に行けるって羨ましいです!私は一人ですからねぇ(笑)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.