スポンサーリンク

トドメの接吻第2話予想。キス女の正体が明らかに?セーラー服の写真

トドメの接吻の第1話のエンディングで春海一徳がキス女の高校生時代の写真を手にして『見つけたぁ』とつぶやいていました。

春海一徳とキス女はつながりがないはずなのにどうして?と疑問に思うけれど、おそらく晴海一徳とキス女、そして堂島旺太郎は同級生で同じ高校出身だったのではないだろうか。

まず、この仮説が正しいかどうかの検証ですが、キャスト相関図を見ると、堂島旺太郎と晴海一徳は年齢が22歳です。二人が同級生であることは間違いないでしょう。

次に、キス女がなぜ同級生なのかという疑問は、晴海一徳が持っている写真にキス女が存在していることが動かぬ証拠となっています。

同学年でしかもクラスメイトでなければこの写真は手元に残っていないと考えられるからです。つまり、晴海一徳とキス女は同じ高校を卒業しクラスメイトだったと分かります。

ではこの3人が同じ高校だったかどうか?というのは、ナルキッソスの和馬の言葉にその答えが隠されています。

『セブンさんのこと愛してるのに振り向いてくれないから怒ったんじゃないのかな。独り占めしたくて』和馬は堂島旺太郎にこう言ってましたよね。

キス女が高校生の頃に堂島旺太郎に告白をした・・・。しかし、彼は愛は必要なものではないというドライな感情をこの頃既に持っていたのではないでしょうか。ゆえに、キス女のことを振った。

振られたキス女は堂島旺太郎に対する思いを捨てきることができずずっと追いかけていたけれど、ホストとして女を誑し込む姿を見て殺意に繋がった。

このように考えるとつじつまが合うかなぁ・・・と!第2話が今夜放送されるのでどうなるのか楽しみです!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.