スポンサーリンク

バレンタインに義理チョコ不要!ネットの反応を信じたら反感買うよ?

バレンタインデーが近づき、職場の女性から義理チョコをもらってもお返しがめんどくさいから困ってる男性はたくさんいるようです。しかし、せっかく彼女たちからのプレゼントをそのような理由で断ろうものなら陰で何を言われるかわかりません。

陰口が怖いからという理由で受け取るのも失礼な話なのですが、職場において女性の地位は年々増してきています。そういう状況において『お返しがめんどくさいから義理チョコは不要です』と言うと自分自身の仕事に支障をきたす場面が出てくることを理解すべきでしょう。

例えば、会社の経費を精算したい時。女性社員が経理を担当している場合は領収書をそもそも受け取ってくれません。いやいやいや!ちょっと待ってよ。仕事で必要だったから買ったんだから経費で落としてよ!?と思うかもしれません。

しかし、彼女たちにとって社交辞令とはいえ同じ職場の男性陣に対して気を配ったつもりなのにそれを真っ向から拒否されれば気分を害します。女性社員から非協力的な態度を取られる男性は自分自身の考え方や態度に問題があると思った方が良いでしょう。

スポンサーリンク

女性社員を味方につける方法

バレンタインデーで彼女たちが配る義理チョコは感謝の気持ちを述べて受け取ります。これは当然です。そしてホワイトデーでもそれなりのものを返します。これも当然です。

ここを面倒くさがる男性が多いわけですけど、もらったものに対してお返しをするのは当然なので、お返しをしたからといって彼女たちにどや顔をしてはいけません。嫌われる元です。

女性社員から圧倒的な支持を得られる方法は、月に1回か、2か月に1回だけでもいいのでお菓子を買ってきてあげるのです。可能ならお土産に渡せるくらいの上品なもの。これは効果絶大です。仕事面においてすべてが好転します。

顔を合わせるとめっちゃ笑顔で接してくれます。雑用をお願いするときでも『しかたがないなー!○○さんだからやってあげるんだからね!』と嫌な顔をせず引き受けてくれる。とにかく優しい。外出時は『いってらっしゃい』の一言がもれなくついてくる。などなど。

嘘と思うかもしれませんが、これは事実です。ダイエット中にお菓子をもらうと迷惑な場合もあるけど、それでもこうした気配りのできる男性はめちゃくちゃ好かれます。

バレンタインデーで義理チョコが不要って言ってる男性は要注意ですよ!女性は何気ない言葉遣いやしぐさを見逃しませんから。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.