スポンサーリンク

バレンタインチョコレートを好きな人に渡す勇気がでない時に読む記事

バレンタインデーに好きな人にチョコレートを渡そうと張り切ってチョコレートを用意したのに、2月14日の当日になったら最後の最後で渡す勇気が必要だという事に気が付いて、渡せずに家に帰ってきてしまった・・・。バレンタインデーの悲しいあるあるです。

この気持ちは私にもよ~くわかります( ;∀;)

この記事では渡せる勇気が持てるようになる考え方を伝授いたしますのでじっくり読んでください。

恋人になる人は全員超える壁

今から5年が過ぎたら、彼の隣にはきっと彼女がいるでしょう。その彼女は、彼女の座を射止めるために、バレンタインデーにチョコレートを手渡すでしょう。今から10年が過ぎたら、彼はその彼女と結婚をしているでしょう。

私が手渡すことをしなかったばかりに他の女に彼を奪われた・・・と後悔をする未来。あっていいことですか?

渡す勇気が出ない人に知ってほしいことなのですが、男女が恋人同士になるには、必ず男の方か、それか女の方か、どちらかが絶対に『告白』をしているのです。

恋人になるまでの過程は、出会いがあり仲良くなって次にお付き合いをしてほしいという打診、告白ですね。告白に対してイエス!と返事があったら晴れて恋人同士になるのです。

私が超えられない壁・・・それは告白という壁。でも5年後に彼の隣にいる私の知らない彼女はこの壁を乗り越えて彼女という座を射止めるのです。それでいいの??

彼に彼女ができてしまったら手遅れだよ?恋人同士になった二人の邪魔をしたら泥棒猫とののしられてしまいます。彼の彼女になるチャンスは今しかない。今このチャンスを諦めたら将来もずっと諦める人生を歩むことになるんだよ?

10年が過ぎ彼が結婚をしてしまったらもう終わりで、完全に手の打ちようがなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

運命の人は神様が知っている

仮に、チョコを手渡したとしても『ごめん』って言われるかもしれない。でも、それは、神様が彼は運命の人じゃないよと教えてくれる導きの言葉。

告白で断られるからこそ運命の人につながる導きの言葉を得られるのです。チョコを渡せないまま気持ちを伝えられなかったら神様からの導きの言葉を受け取ることができずにさまようことになってしまうのです。

思いを伝えられずに彼のことだけを思い続けて無駄に時間が過ぎ、他の男性が目に入らなくなり貴重な若い時間を無駄に過ごしてしまうのです。気が付けば年を取り若かりしあのころには戻ることができなくなってしまう。

チョコを手渡せば、どちらに転んでも結果がわかります。私が彼と恋人同士になれる未来。断られるかもしれないけど導きの言葉を受け取れば新しい別の道が開けてきます。

チョコを手渡さない人は、恋人同士にもなれないし、導きの言葉も神様からもらえないのです。ただ、時間だけが過ぎて後悔をするのです。そんな私でいいのかな?

こちらの記事もオススメ

このページでは、あなただけの言葉で片思いの彼を振り向かせる方法をお伝えします。インターネットで調べると文例集がそこかしこにありますが...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.