スポンサーリンク

クリックされる広告。どうすれば売れるのか?に通ずる考え方について

クリックされる広告は

不満、不安、不足などの不が

解消される文言が含まれてます。

肩こりで悩んでいる人が居たとします。

その人は、肩が楽になりたいわけです。

肩に翼が生えたような生活はいかが?

上の太字のような広告文を

肩こりで悩んでいる人が読んだら

クリックしたくなると思うのです。

実はこれ、私がアドワーズに出稿した

広告文の一部で、1日に1000円の

広告費をつかいました。

表示時刻を21時から24時に

しぼって表示させたところ

見事に1000円分クリックされました。

5000円でも同じ条件でやりましたが

5000円分クリックされました。

人が広告文を見て、

クリックしたくなる時は

不満、不安、不足などの不が

解消される文言を読んだ時です。

あるいは、そうしたイメージを感じたら

人は広告をクリックします。

テレビのコマーシャルで

ライザップはそれを視聴者に

見せ付けたからこそ

話題になったと言えるでしょう。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.