スポンサーリンク

どうすれば客が増えるのか?理容美容室経営者必見ネットからの集客術

お店のホームページを作ったのに客が増えない、ホットペッパービューティーに掲載したのに客が増えない。なんでやねん!?という疑問を持つオーナー様に、スマホやパソコンで検索する見込み客をお店に呼び寄せるアイデアを紹介します。

下のリンクは、東京都の代官山にある、とあるヘアサロンのページタイトルです。

icon-home 広瀬すず 風 髪型 ボブ★代官山恵比寿★美容室♪by Heartim 平山

注目すべきは『広瀬すず 髪型 美容室 代官山』というキーワード。インターネットでこれを検索する女性は『広瀬すずみたいなかわいいボブにしたいんだけど代官山でいい美容室ってないかな?』という疑問を持って検索しているわけです。

そして、ページを開いてみると広瀬すず風の髪型をした女性の写真が掲載されています。

『広瀬すず 髪型 美容室 代官山』というキーワードで検索した女性は、この後どのような行動に移すでしょうか・・・?このお店の連絡先を調べて予約を入れるはずです。

検索する人が自分で髪の毛を広瀬すず風にカットできるならこういう検索はしないのです。逆を言えば、できないからどうしたら広瀬すずみたいな髪型にできるの?と疑問を持つわけですよね。

つまり、ホームページやホットペッパービューティーのタイトルに『芸能人の名前・髪型・美容室(理容室)・場所)』の4つのキーワードを使い、実際にカットしたお客さんの写真を掲載すれば、広瀬すずや有村架純、菅田将暉や相葉雅紀みたいになりたい女子や男子をお店に呼ぶことが可能になります。

ヤフーの検索ワードを見てみると『広瀬すず 髪型 オーダー』という検索ワードが調べられています。つまり、広瀬すずの髪型にしたい見込み客がいるわけです。この客をお店に呼び寄せるわけです。

検索する人は『なりたい自分にしてくれるお店』を探しているのです。だったら、うちのお店に来たらあなたの望みを叶えてあげられますよ?という答えをホームページで掲載すればいいのです。

そして、写真画像と一緒に、来店後、自分で髪型をセットする方法も掲載しておけば客が勝手に来てくれます。

後は、写真掲載に当たりカットしたモデルさんに対してどういうお礼を渡すのかはお店のさじ加減になりますが、カット代を無料にしてあげるとか無料チケット3枚とかをあげるなど方法はあると思います。

このように、インターネット上で見込み客を引っ張ってくるには記事タイトルの付け方を少し変えるだけで可能なのです。というアイデアの紹介でした(^▽^)/

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.