スポンサーリンク

ちはやふる結び映画のネタバレと感想。漫画との違いや人物像に迫る!

映画ちはやふる結びの公開日

2018年3月17日(土)

映画の感想

新推しの私の主観ですので偏った感想になっていますがご容赦ください。ネットの反応では、面白かったという意見が多数派です。ネタバレを含みますので注意してください。

ちはやふる結びを観に行きました。 新推しの私が一言で感想を言うと『激しく期待外れ』でした。でも、太一推しの人が観に行けば面白か...

ちはやふる結び あらすじ

ちはやふる結びのあらすじ 近江神宮で名人位クイーン位決定戦が行われ、千早は大盤係をしていた。対戦カードは、周防名人vs原田先生...

映画ちはやふる結びを鑑賞する前に

ちはやふる結びを映画館へ観に行く前に、原作漫画を読むことと上の句と下の句を鑑賞しておくことをお勧めします。その理由は、原作漫画のちはやふるは、原作者が込めたテーマに触れることができる媒体であること。映画ちはやふるは、原作漫画を凝縮しているために世界観が異なっていること。この2点が挙げられます。

漫画を読んでいるからこそわかるネタが至る所にちりばめられています。こうした仕掛けに気づかず、作品を見終わるのはとてももったいないことです。せっかく大切な時間を使って鑑賞するのですから、是非漫画を読んで上の句下の句を観てから結びを楽しんでほしいと思うのです。

3月13日追記

『ちはやふる繋ぐ』も見ておくことをお勧めします。

ちはやふる繋ぐの面白さは、収録現場の様子を楽しめることですね。 例えば、近江神宮での収録の時には、広瀬すずさんも、上白石萌音さ...

ちはやふる結びネタバレ予想

原作が好きだからこそ、映画に対して言いたいことをズバリと言います!

結びで千早はクイーンにはならない

原作はまだクイーン戦で若宮詩暢に勝利する場面が描かれていないので、原作より先に映画で勝利するのはご法度だと思う。何が御法度なのかというと、表現者としてという意味で。ちはやふるは映画で上映されるほど面白い漫画でその世界を作っているのは末次先生です。

言い換えると、末次先生はちはやふるにとっての『神』であり『創造主』であるわけです。その創造主がこれから作ろうとする世界を先に映画として発表することは表現者としてあってはならないことだと思うので、結びでは千早がクイーンになることはないという結論が導かれます。

結びでは、原作には登場しないオリジナルキャラクターが描かれているそうです。名前は我妻伊織で準クイーン位。若宮詩暢にクイーン戦で1枚差で惜敗したくらいの実力が設定されているのではないでしょうか。

そして、おそらく我妻伊織を破ってちはやふる1巻の初めのシーンに描かれたクイーン戦の場面が劇場版として採用されて若宮詩暢が登場し『ちはやぶる、神代も聞かず、竜田川、からくれないに、みずくくるとは』が読まれてエンディングになるんじゃないのかな・・・と予想します。

新がチームを作り近江神宮で再会

千早と太一のもとにメールが届く。かるた部作ったよ・・・と。そして仲間の写真とともに『近江神宮で会おう』と。新ほどの実力があれば個人戦で近江神宮に行くことは簡単なことだろう。しかし、団体戦でとなると仲間という不確定要素が加わり近江神宮に行けるかどうかすら運に左右されてしまう。

新は『二人とまた同じ景色を見るんや』と決意し、子供のころ3人で同じ景色を見ていた時のように、チーム戦という山を登り子供のころに見たあの景色を藤岡東高校かるた部の仲間と見ることを誓う。

新の周りの人たちはなぜチームを作ったのかの真意を測りかねているが、勝負の世界はいくら実力があっても運という不確定要素が必ずあり、運の良し悪しによって勝ち負けが決まることがある。

新は『チームを作らないとだめなような気がする』とはっきりした理由を導き出せていないけれど、不確定要素が自分にとって有利に作用するための仕組みについて気付き始めているのではないか。

新はこういう打算的理由からチームを作ったわけではないけれど、更なる高みへ行くためには不確定要素を自分にとって有利に作用させることは必要なことだ。結びでも近江神宮で二人が会う場面を是非見たいですね。

千早と太一が・・・

言うか悩むのですが多分・・・。野村周平さんファンの方で、ネタバレを事前に知っておきたいという方だけこちらの記事を読んでください。結構衝撃なシーンが出てくるかも・・・?公開前なのでまだ何とも言えませんが・・・。

野村周平さんが広瀬すずさんにプロポーズをしたという話題で盛り上がってますね。3月4日放送の『おしゃれイズム』で発覚したそうで、冗談のふりして...

結びのエンディングは机くんのこのセリフ

原作漫画の34巻で机くんがものすごくいい、映画のラストに使われても全然おかしくないどころかふさわしい言葉を言ってます。

夏だね。暑いね。みんなでカラオケ楽しかったね。部活思いっきりやって僕ら引退したね。友達がいて後輩がたくさんいてみんなで帰り道笑って。どうしよう、これ宝物だ!2年半ただの時間のはずが自分には無理だって思ってたものが手に入ったよ。宝物になったよ。

漫画の中の世界だけど、読者として彼らの活躍を見ていると自分もその輪の中にいるような錯覚がします。高校時代に戻ったような・・・。漫画を読んでいると時々涙が出そうになることがありますが結びでも同じように涙が出そうになるのでしょうか。楽しみです。

ちはやふる映画と漫画の違いとは

一言で表すと原作は『情熱』を描き、映画は『繋がり』を描いていることです。漫画を読んでいて思うことなのですが、ものすごく熱いんですよ。

高校時代に戻りたくなるような熱さが作品から伝わってくるんです。その熱気の正体は何なのかというと、登場人物が持つカルタに対する思いなんですよね。その熱い思いは主人公だけではなく、わき役からも伝わってくるのです。

こうした情熱を映画内で表現してしまうと2時間という枠内に収まりきらない作品になってしまいます。原作は連載開始から9年が過ぎ10年目に突入しました。情熱がこもったこの作品をどうやって2時間以内に収めるか?この課題は情熱とは違う軸で作っていくほか方法はないはずです。

ではどういう軸にするのか?その答えが『人と人との繋がり』という軸なんです。これは、上の句、下の句を観ると上手に表現されていると私は感じます。

例えば、手を繋ぐシーン。人は手と手を繋いだ時に自分は一人ではないと感じることができます。例えば、心を通わせるシーン。人は心と心が繋がった時に自分には仲間がいると感じることができます。実写だからこその方法で人との繋がりを表現しています。

ちはやふる結びのキャストと人物像

綾瀬千早広瀬すず
方向を決めたら一直線に進み周りの人間を巻き込みながら夢を具現化させる能力を持つ、ブルドーザータイプの性格の持ち主。

世話焼きだがかるたを捨てた綿谷新を心の檻から解き放ちかるたの世界に呼び戻した。ダディベアが好き。瑞沢高校を強豪校にする夢を叶えるために勉強にも打ち込むようになるくらいのかるた好き。

綿谷新新田真剣佑
千早が好き。名人になるために子供のころから準備を続けてきたかるた界のサラブレッド。素直でまっすぐな性格だけど、かるたが誰よりも強いという自覚があるために、札の取り合いでもめることをしない。故に強引な敵と戦うともろさが出てくる。

真島太一 … 野村周平
臆病者で周りの期待に応えようとする性格。親の一方的な期待が彼をそうさせているが、その親のおかげで責任感が強いともいえる。かるたは嫌いだが千早が好きという一心だけでかるたを続ける。

コミックでは原田先生から『かるたに復讐してるようだとも思ったが』と心の闇を見破られていたが・・・。私は新推しなんですけど、太一も徐々にカッコよくなってきて太一も好きになってきました(笑)。

大江奏 … 上白石萌音
机くんのことが好き。かるた部のことを私情を挟まずに公平な目で見ることができる。千早がかるた部を休んでいる間にはリーダーシップを発揮し、千早が戻ってきてもチームワークが乱れるからという理由でメンバーから外す決断力も持っている。

呉服の大江の次期女将で将来は机くんとの結婚が期待される。スピンオフ作品で机くんとかなちゃんの物語を読んでみたいと思うほどの仲の良さ。

西田優征 … 矢本悠馬
同年代に綿谷新がいたためにかるたの道を諦めさせられた過去を持つ。縁の下の力持ちという言葉がピッタリ当てはまる仲間思いな熱い男。その性格を表す代表的なエピソードはコミック18巻に収録されている。

吉野大会で須藤と対戦した時に最後の最後まで勝負を捨てず敗北がわかっていても徹底的に須藤の体力を削ることに専念した試合運びを見せる。たとえ自分が負けても仲間が疲弊した須藤を討ち取ってくれると信じ仲間のために戦った。

その姿は体型が分厚いだけって熱い男と言えるでしょう。ニックネームは肉まんくん

駒野勉 … 森永悠希
仲間のためなら苦労をいとわぬ性格の持ち主。受験勉強に迫られているのにもかかわらず、かなちゃんと一緒になって選任読手の音声ファイルを、千早のために作り上げる。

かなちゃんと呉服店を営む様子を想像するのが最近の楽しみ。MBAを取得して呉服を世界展開させて欲しいと勝手に思ってる(笑)。

花野菫 … 優希美青
ちはやふる界の唯一の恋愛脳女子。真島太一のことが大好きで、幼馴染の千早以上に太一のことを知ってるんじゃないかと思うほど。恋愛に関しては徹底していて、たとえ勝ち目のない恋であっても思いを伝えるその勇気はキラキラ輝いてる。

女性キャラで一番好きなのが彼女ですね。私も彼女のような勇気があったらな・・・って思っちゃった程(笑)。コミックを読んで泣いちゃった。バレンタインデーでは手作りのお菓子を披露できるほどの腕前を持つ。マスカラは必須アイテム。

筑波秋博 … 佐野勇斗
根拠のない自信を持っている男でとにかく威勢がいい。オーダー票を勝手に書き換えて試合に出場したがる。瑞沢高校かるた部の時期エースと勝手に思い込むあたりは自信を通り越してナルシシスト。

弟思いな一面も持ちクリスマスには、かるた部員に頼み込みサンタクロースの存在を疑いだした弟たちにサプライズをプレゼントする。恋愛に関しては千早と同じで鈍い。

我妻伊織 … 清原果耶

綿谷新を『おにい』と慕い、好意を抱くが新にはその思いが届いていない。中学生の女の子らしく、彼氏がいることを匂わせて嫉妬心を掻き立てようとするが全く通じていない。

かるたの腕前は新と対戦して4枚差まで追い詰める強さで、クイーン位挑戦者決定戦の西日本代表として、東の代表綾瀬千早と対戦が決まっている。

まだ見ぬ千早に対して『負けんでの』と新に決意を伝え、更に『綾瀬さんだけには負けたくないで』と、新に対する恋の思いも込められた告白ともとれる決意表明をした。

負けず嫌いで子供が抜けきらないわがままな性格。15歳の中学3年生。学校の成績は新から心配されるほど悪い。清原果耶さんは役だけでなく本当に15歳の女優。

周防久志 … 賀来賢人

かるたの名人なのにかるたが嫌い。故に、真島太一の苦しみを知る理解者でもあり、太一の心の破壊者でもある。周防久志は、太一にとって救いの存在でもあり、周防自身は認めていないが師弟に近い関係。

針の落ちる音を聞き分けられるくらいの聴力を持ち、その能力で誰よりも早く札を取りに行くことができる。彼の強さは聴力だけではなく、対戦相手にお手付きをさせる心理戦を得意とし、場を支配する能力で対戦相手を手玉に取る。

彼は、読まれる札が消えてしまうと言っており、消えてしまうから手が伸びてしまうという独特のかるた感を持っている。

選任読手7名の100首読み上げの音声ファイルを揃えており日々の研鑽にも余念がない。原田先生との名人戦で、真の名人へと覚醒する。

結びは漫画の何巻くらい?

新しく登場する、花野菫と筑波秋博は9巻途中から登場します。しかし、この時点では千早たちは高校2年生で、結びで描かれる舞台は高校3年生です。原作で千早たちが3年生として描かれるのは26巻からです。26巻は春が舞台だけど・・・。

ちはにゃふる 猫の句

auの公式動画だって(笑)。

au公式ちはやふる応援キャンペーン

au公式ページで野村周平さん、賀来賢人さんのインタビューが公開されています。

au公式ページ

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.