スポンサーリンク

昭和54年の巨人軍のドラフト1位選手は誰?東郷証券の損失補填事件

証券会社の取締役が損失補填を行ったことで金融商品取締法違反で立件するという事らしいですが、驚いたのは取締役が元巨人軍のドラフト1位選手だったという事です。

当時のドラフト1位選手は誰だったのかを調べてみると、林泰宏投手という事が分かりました。そして、驚くことにこの選手は高卒ドラフト1位選手だったのです。

証券会社の取締役と聞いて私は当初、そこそこ名の知れた大学を卒業した選手なんだろうなと思ってたのですが高卒でも証券会社の取締役に就けるんですね。このことに驚きました。

因みに彼が卒業した高校は、尼崎市立尼崎高校。関西では市尼(いちあま)で知られる学校で、ヤクルトに所属していた池山選手も同じ学校を卒業しています。

それにしても、損失補填をしたということは、誰かの損失を穴埋めをしたというわけですから、闇組織とのつながりも考えられると思いますよね。

巨人軍に所属した選手ってどういうわけか闇組織とのつながりがちょくちょく報道されますよね。清原選手だったり、笠原投手だったり・・・。巨人軍に所属したことのある人はそれだけで目立つ存在になるからよからぬ人たちに目をつけられやすいのでしょうか。

野球に関わらず、スポーツマンによる不祥事があると今までの規律ある行動はなんだったんだろうと思います。残念でしかたありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.