スポンサーリンク

新田真剣佑が映画で主人公を演じるのはいつ?もっと評価されるべき!

新田真剣佑さんが好きです。ちはやふるで新推しの私にとって、綿谷新から名前をもらって真剣佑から新田真剣佑に俳優名を変更したことが好きになった大きな理由です。イケメンであることも大きな要素ですが(笑)。

新田真剣佑はもっと評価されるべき

新田真剣佑はちはやふるで綿谷新を演じることで注目の的となりました。それが縁で綿谷新の新の一字をちはやふる作者の末次由紀先生に許可を得たうえでもらう事となり、真剣佑から新田真剣佑に俳優名を変更をしました。

映画ちはやふるでの主人公は、綾瀬千早を演じる広瀬すずさんでした。そして、いつもそばにいる真島太一を演じたのが野村周平さんです。映画でも原作でも綿谷新は福井県に住んでいることから登場回数は太一と比較すると少ないです。

しかし、綿谷新は綾瀬千早にかるたの世界を与えた絶対的な存在で、ちはやふるにおける創造神が末次由紀先生であるならば、かるたに情熱を注ぐ綾瀬千早の創造神こそが綿谷新と私は考えています。

ところが、ちはやふる結びにおいて新の存在は、太一よりも格下という扱いを受けました。私はこれに対してものすごく腹を立てています。監督はちはやふるを何もわかってない!と苦情を言いたいくらいです。

ちはやふるの原作ではどちらが上か下かという順序付けはされていませんが、どちらとくっつくか?という解釈では綿谷新に分があるように思われます。

漫画とは異なるオリジナル性を生み出すためとはいえ、このような背景を無視して近江神宮で行われた全国高校かるた選手権大会団体戦で、新と太一を直接対決させて新が負けるような映画作品を作ったことは納得できません。

新田真剣佑はちはやふる結びについて『今回の新はラスボスっぽい感じもあるし、最強の新が瑞沢の3年間に負けたことに意味があるんじゃないかと。僕としてはもちろん負けたくなかったですけど(笑)。』と言っています。

『負けたくなかったですけど』は、新田真剣佑の本音が込められており『自分はもっと良い役を演じたい』という心の叫びが聞こえくるのです。

新田真剣佑が最近出演したドラマを挙げると、トドメの接吻では並樹尊氏を演じました。主役は山﨑賢人さんでヒロイン役は門脇麦さんでした。このドラマでは主役の山﨑賢人さんと肩を並べる待遇でしたが最後の最後で尊氏は汚れ役を演じることとなりました。

このドラマは本当に素晴らしく山﨑賢人さんと門脇麦さんの演技力が輝き、二人を引き立てる役だったとはいえ、新田真剣佑は非常に大きな存在感を見せつけました。

このように、新田真剣佑は観る者の心に訴えかける力を有しており、映画やドラマで主演を務めるだけの演技力は既に備わっていると考えられるのです。

新田真剣佑を起用する監督は彼の演技力をもっと評価すべきで、彼が主人公を演じる作品を多くのファンは望んでいるのです。その期待に応えてくれる監督はいったいいつ現れるのか?私は新田真剣佑の主演作品が観られる日を待ち焦がれているのです。

スポンサーリンク

コメント

  1. heel より:

    先日の件については色々ありがとうございました。
    私は、ただ少し長く年を重ねただけで、そんなに事情通でもないですよ笑
    なおこさんこそ、毎日これだけのネタについて真摯に語っておられるのは凄いと思います。

    新田真剣佑君ね。言わずと知れた千葉真一氏のご子息。「真剣を持って人の右に立て」というのが名前の由来だとか。
    私は、彼は最近頭角を現してきた若手俳優さん、というポジションで、まだ主演は早いのでは?と感じます。
    むしろ、今は脇でいい役を貰えているので、これをうまく利用してただのイケメン枠(かなり渋滞中)から頭ひとつリード出来るかの大事な時でしょうね。
    少し前に出てしまったスキャンダルというか諸事情を、何とかうまく乗りきったのは、やはりお父様のバックボーンありき?
    まあ、事務所が大きくてゴリ押しできる所に所属してる子は、「なんで?」と思うくらい簡単に主演を取るけど、ああいうのは本人のためにならないですよね。
    主演を食う脇役、みたいな俳優さんが私は好きなので、ずっと脇であってもランクは下とは限りませんよ。

    • naoko より:

      heelさま

      こんばんは。コメントありがとうございます。こちらの方こそいつも遊びに来てくれて嬉しいです。私もアラフィフですけど、heelさんのほうが確かな見識をお持ちだと感じています。

      新田真剣佑くんですが、おっしゃるようにまだ早いんですよね。本当は。ただ私の場合はちはやふるで新を演じたことで色眼鏡で彼を見てしまっていまして、這えば立て立てば歩めの親心・・・ではないのですが、早く主役を演じる彼の姿が見たいな・・・と(笑)。

      もし彼が所属している事務所がトップコートではなくってジャニーズだったら主役として映画やドラマに出ていたかもしれないなーとは思うのですが、そうなっちゃうと真剣佑くんも俳優のやりがいがないでしょうからね(笑)。

      主役を食う脇役と言えば私は西島秀俊さんが好きでして、去年の11月に上映されたラストレシピでは主人公を嵐の二宮和也くんが演じたのですが、準主人公として西島秀俊さんが起用されいて完全に二宮君を食ってしまってました。

      若くて人気の高い二宮くんでも、本格派の俳優さんと共演をすると、その演技力はかすんで見えてしまうものなんだなって思ったほど西島秀俊さんの表現力が素晴らしかったです。

      ですから、新田真剣佑くんも西島秀俊さんのように本格派の俳優さんとして育って欲しいと思いますし、様々な経験を積んで押しも押されもせぬ立派な俳優として輝き続けて欲しいですね。

      スキャンダルの件は・・・例の隠し子がいたって噂ですよね。私はそれが本当だったとしても新田真剣佑くんを応援したいし、もし私が15歳の頃の真剣佑くんから求められたら、受容れちゃうので仕方がない!としか言いようがありません(笑)。

      すみません。最後に変な話をしちゃって(笑)。いつもありがとうございます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.