スポンサーリンク

菅田将暉2017年CM出演料と最新ギャラランキングは何位なのか?

菅田将暉が出演してる森永製菓ダースのCMを見ていて、CM1本でどれくらいのギャラをもらっているんだろう?と思ってました。ダースが美味しいのは知ってるけれどギャラが一体いくらなのか?は知らないのでお金のことばかりを考えてました。

そんな時、嵐が表紙の週刊女性自身を購入し読んでいると2017年大物有名人のCMギャラ最新ランキングが掲載されていたのです!どれどれ・・・菅田将暉のランキングは・・・と。おぉ!ギャラランキング10位に入ってますね~。

1年契約で9000万円で1億にあと少しで届く額。1クール(3か月)では3000万円。俳優の阿部寛や西島秀俊らを抑えて堂々のTOP10入り!NHK大河ドラマおんな城主直虎の効果も相まって、ギャラランキングもジワリと上がってきた感じですよね。

菅田将暉が出演するCMは10代後半から20代くらいの男女をターゲットにしているのかなという印象です。広告主は、森永製菓、リクルート、花王、日本コカ・コーラ、KDDI、Cygames、吉野家、住友生命といった企業が挙げられます。

これらの世代をターゲットに起用された背景には、菅田将暉が2009年~2010年にかけて仮面ライダーWで主役を演じたことが理由として考えられる。仮面ライダーの対象年齢は5歳~12歳くらい。そして仮面ライダーWを見ていた世代は2017年で13~20歳となり、社会人として活躍する人も現れてきているのです。

そうした世代に対し、菅田将暉演じる上野一が生命保険に興味を持つことは仮面ライダーWをヒーローとして見ていた世代の若者たちに生命保険の大切さを訴えかけているように感じられますし、携帯を買う年齢にもばっちり合ってます。

スポンサーリンク

意外なのは、そうした子供たちの母親層に対するCMが少ないのではないかという事。仮面ライダーシリーズは昔の作品と比べるとどちらかと言えば母親層にウケが良くなり、子供はというと昭和時代の仮面ライダーをはじめとする戦隊シリーズに興味を持つ子供もいたほどです。

菅田将暉が出演するCMをみると、ダース、タウンワーク、メンズビオレ、ファンタ、au、スマホゲーム、吉野家、住生などのに出演しているが、女性に訴えるCMは森永製菓のダースやコカ・コーラのファンタくらいしかないのだ。

しかし、2017年に大河ドラマに出演したことで広い世代に顔を知られるようになり、先日結婚で話題になった岡田准一が軍師官兵衛の翌年からCMでの露出が増えたように、菅田将暉もまた翌年である2018年にはCM出演本数を伸ばしてくるのではないかと考えられます。

映画でも火花で主演を務めるなど俳優としての実績は十分に積んでおり表現力も素晴らしく、2018年はCM出演本数を増やしCMキングを狙える俳優の一人と言えるでしょう。

icon-home 女性自身年間定期購読申込み

こちらの記事もオススメ

嵐ファンなら是非とも買っておきたい12月19日発売の週刊女性自身。表紙は嵐のメンバーで飾られ、カラーページでは嵐メンバーの写真が一人...
2017年全日本フィギュアスケート選手権に羽生結弦選手が欠場という事で残念な思いをされた方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、彼が20...
つい最近、かっぱえびせんの『やめられないとまらない』のコピーは日高欽治さんが作ったものだとヤフーニュースで知り、12月14日発売の週刊新...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.