スポンサーリンク

ローラが大阪弁を勉強しているらしいけどなぜなんだろう?理由を考察


ローラが大阪弁を勉強しているらしい。2017年の上期下期の総合で15社のCMに出演しCM女王になった彼女がなぜわざわざ大阪弁の勉強をする必要があるのでしょうか?

2018年のCMが水面下で進んでいる?

ローラの容貌は日本人にはない美しさを備えており3年ぶりとなるCM女王の座に就くこととなりました。このことと大阪弁が繋がる理由を考えると、大阪の大手企業からCM出演の依頼が舞い込んできたのかもしれません。

ローラが2017年にCM起用された企業は15社で、ターゲット層は未婚女性が多い。CM内容を見てみると、結婚アプリや結婚指輪、アパレル、化粧品や生理用品などが挙げられ、他にも食品、酒類、住宅など様々な分野から需要があります。

これらのことを手掛かりに大阪に本社を置きCMをローラに依頼しそうな企業を考えると、江崎グリコが出てきます。

江崎グリコと言えばポッキーが国民的お菓子として知られていますし、女性ウケするお菓子もたくさん発売しています。このような背景から女性向けの新商品を開発したのでローラに依頼しようという流れになったのかな?と考えられます。

スポンサーリンク

ドラマのオファーが舞い込んできた?

NHK朝の連続ドラマは早くからキャスティングが発表されるのです。2019年の前期放送では広瀬すずさんが夏空のヒロインとして出演することが決まっています。このように、ローラのもとにもドラマの出演依頼が舞い込んできたのかもしれません。

その役作りのために大阪弁を学んでいるとしたら、かなり大阪人の性質を理解していると言えるでしょう。大阪人は中途半端な大阪弁を非常に嫌うので、そうした状況を回避するために大阪弁を勉強していると考えるとなるほど・・・とうなずけます。

もしかすると2019年の大河ドラマ『いだてん』に出演?と思いキャストを調べてみましたが主要キャストはある程度決まっていてローラの名前はキャストには含まれていませんでした。

ドラマの線は薄いかもしれませんね。となると・・・?

まさかお笑いに挑戦!?

ネプ&ローラの爆笑まとめ! 2017 の収録後のインタビューで『お笑い番組ってみんながいっぱい笑って楽しい』とコメントをしており2018年の年明け以降の活動について『大阪弁を勉強している』ともコメントを残しているのです。

2017年にお笑いでブレイクしたブルゾンちえみと一緒にキャリアウーマンのネタでお笑いの舞台にも立った経緯を考えるとお笑いへの挑戦を目論んでいるのかもしれないですね。

彼女の飄々とした性格は男女を問わず好かれるので2018年の活躍が今から楽しみですね(^▽^)/

こちらの記事もオススメ

つい最近、かっぱえびせんの『やめられないとまらない』のコピーは日高欽治さんが作ったものだとヤフーニュースで知り、12月14日発売の週刊新...
最近流れてるドコモのCMでは将棋で有名な加藤一二三九段と堤真一、高畑充希が出ているけれど、BGMはブルゾンちえみでお馴染みのオースティン...
ブルゾンちえみってぽちゃだけど魅力的に見えるのはどうしてだろう?この疑問って同じぽちゃ女性ならではの疑問ではないでしょうか。結局のと...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.