スポンサーリンク

AKB48田野優花は芸能界から消される?韓国好きな日本人嫌い発言

AKB48の田野優花さんが「韓国人は可愛いと思うけど、韓国好きな日本人は好きじゃない」「韓国人になりたがってる日本人、嫌い」 とインスタライブ動画で発言したそうです。

私がネタ探しで良く見るガールズちゃんねるでも話題になっていて『よく言った!』『正論』『アイドルとしてはまずいかもだけど私の中では好感度上がったわ笑』『良く言った!アイドルの発言としてはともかく、全力で支持するし応援する!』というコメントが寄せられ、田野優花さんの発言は大いに評価されています。

『芸能界は韓国系の人多いっていうし発言気を付けた方がいいよ、消される。だけど日本人としては大正解です。』と、芸能活動を続ける彼女を気遣うコメントも寄せられておりこの発言も同掲示板の女性陣から共感を呼んでいます。

アイドルとは言え、その前に人であるわけですから好き嫌いがあって当然です。ですから、田野優花さんが韓国が好きな日本人は好きじゃないという発言は別に何ら問題はなく『あぁ、そうなんだ』と聞き流す程度の話だと思う訳です。

ただ、人付き合いをするうえで、面識もない相手をくくりで判断をするのは良くないとは思うけれど、それを決めるのは個人の自由でありそれを悪と断罪することの方が問題があるでしょう。

田野優花さんはいったい誰から『アイドルの自覚ある?』と問いただされたのか?私はそちらの方が問題ではないかと思うのです。もし私が田野優花さんと友達関係にあったとしたらまず最初に『どうして韓国好きな日本人を好きになれないの?』と尋ねるでしょう。それが会話だと思うのです。

それなのに『アイドルの自覚ある?』という発言は、アイドルであるなら韓国が好きでなくてはならないという意味を含みます。アイドルなら韓国好きじゃないとダメなの?それはいったい誰が決めたの?

それとも、メディアを牛耳っているのが韓国系だから韓国を嫌いと言えばアイドル生命が絶たれますよ?という脅迫や恫喝という事でしょうか?嫌いなものは嫌いという考え方は誰にだってあるはず。なぜそれをアイドルだからという理由で否定するのでしょうか。

『アイドルの自覚ある?』と一体だれが発言したのかはわかりませんが、言葉そのものは脅迫ではないけど脅迫を込めた意味だと感じるのです。

例えば、こんにちはという言葉は挨拶を意味ます。でも、鍵をかけているはずの自分の家の中に『こんにちは』という家族以外の筆跡のメモ紙が置かれてあったらどう思いますか?家に泥棒かストーカーか誰かが侵入したと判断し怖くなりますよね。

『アイドルの自覚ある?』という発言はまさにこの『こんにちは』と同じ意味を持つ言葉なんですよね。

それに田野優花さんが『韓国好きな日本人は好きじゃない』のなら別にそれでいいんじゃないのって思う。それなのになぜ赤の他人が田野優花さんの思想を強制しようとするのかが全く理解できないし、自分勝手な都合を彼女に押し付けるわがままな人間のようにも感じます。

田野優花さんが韓国好きな日本人を好きでないならそういう扱いを受けるだけという事実が反映されるだけ。別に彼女が謝る理由なんて何もない。

私はあなたが嫌いですと言われたら、わざわざその相手に『私は傷ついた!謝れ!』なんて言う方が馬鹿です。そんなことを言う人がいたらこちらから距離を置きます。それが人付き合いというものです。

『アイドルの自覚ある?』という言葉がAKB48の元締めの言葉なら、商売上彼女もそれに従わないとダメとは思いますけど、それ以外の存在からの言葉であるなら謝る理由はどこにもないんじゃないかなと私は思うのです。

誰々が好きじゃないという言葉を公に言うとそれだけ人付き合いの幅が狭くなるのは事実です。しかし、それを田野優花さんに押し付けるのは別問題で人の心を縛るような発言は差し出がましいです。

インターネットは自由なのになぜ他人を縛ろうとするのか。不思議ですね。

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.